Classic Ensemble Vienna Logo Small
聖ペーター教会

聖ペーター教会

 

ST. PETER’S CHURCH VIRTUAL TOUR 

ST. PETER’S CHURCH VIRTUAL TOUR

 

教会から出られる前に,中央祭壇の絵(7)を ご覧下さい。この M.アルトモンテによる作品は,エルサレム神殿の美しの門での聖使徒ペテロ (聖ペーター)と聖ヨハネによる生まれつき足の 不自由な男の癒しの場面を描いています。そし て聖ペーター教会が 4 世紀以来行ってきた岩 (ペテロの意)のように揺るがない信仰と信仰の 一致のためにどうぞお祈りください。

教会を出られ,ペーター広場に立たれたら,教会の周りを散策してみてください。静かなた たずまいと同時に非常にダイナミックなこの建物 に驚かれることでしょう。(14)記念碑 カール大 帝による中世の聖ペーター教会創設の伝説(R. ヴァイアス作),(15)見事に形造られた後陣,聖 ミヒャエルと聖ペーターの2つの像(マッティエッリ 作),(1)前方 鉛の像で飾られた正面入り口(A. アルトモンテ作)。またそこにはペストの際の皇 帝による誓約が記されています。

この教会は,信徒会の一つである聖三位一 体兄弟会によって建て上げられ,1733 年に献 堂され,完成しました。1970年以来,当時のウィ ーンの大司教,ケーニヒ枢機卿がこの教会をオ ープス・デイ(www.opusdei.org)の属人区の聖 職者が司ることを委託しました。

ウィーンで最も美しい教会の一つ,St.Peter(聖 ペーター)教会にようこそいらっしゃいました。こ の名所を訪れて下さった皆様に,心を込めてご 挨拶いたします。St.Peter は神の家(教会堂)で あり,ウィーンで初めてキリスト教の教会が出来 た場所です。かつてはローマ軍の兵営でしたが,その後,ロマネスク様式の三廊式のものになり,18 世紀初めには,今日見られるような傑作が建 造されました。バロック建築の巨匠,ルーカス・フ ォン・ヒルデブラントの設計です。ここでは 1600 年以上も毎日続けてミサが捧げられています.

<お願い> 教会内をご覧になられる際には,教会という神聖なる祈りの場所に おられますことを念頭において お静かにお願い致します。

この教会は聖三位一体に捧げられており, 信 仰の本質がシンボル化されています。そのこと は中央祭壇(7),貴重な説教壇(4)(M.シュタイ ンル作),素晴らしい天蓋フレスコ画(3)(J.M.ロ ットマイヤー作)やその他の部分において表現さ れています.

ウィーンで初めて 5 月マリアの祈祷会が持た れたこの教会では,マリア崇敬もさかんに行わ れてきました。それで多くの聖母マリアの画が 飾られています。中央祭壇(7):「処女懐胎」(19 世紀の宮廷画家,クペルヴィーザー作),脇 祭壇(13):「聖母マリアのみこころ」(クペルヴィ ーザー作),(9):繊細な「マリアのご加護」 (1766 年,ウィーンの S.ローゼンシュティングル 作),(11):「良き助言者の母」(教皇レオ13 世 より寄贈),天蓋フレスコ画(3):「マリアの戴冠」,説教壇の反対側(5): 華麗な「ネポムクの聖ヨ ハネの殉教」(L.マッティエッリ作)、その上にあ る「ブンツラウの美しき聖母像」。 M.シュタイ ンルは椅子などを含む内装のみならず,暖かく 落ち着いた,祈りに導かれるような本物の信仰 的雰囲気を作り出しました。

中央祭壇から数えて 1 つ目の脇祭壇(10):「聖家族祭壇」(M.アルトモンテ作)と(11)の「聖 ミヒャエル祭壇」(J.G.シュミット作)の下の部分に 聖遺物箱があります。その中には 2 人の殉教者 の遺骸が納められております。ローマの地下墓 所から枢機卿コロニッツによって 1733 年に運ば れたもので,ウィーンでの当時の流行に合わせ
て着飾られました。聖家族祭壇の下(10):2002 年に列聖されたオプス・デイの創立者ホセマリ ア・エスクリバーの画(M.フックス作)がみられます。

さて,もう一度上方をご覧下さい。素晴らしいド ーム型の天上(3)豊かに装飾された窓,ウィー ンの J.G.シュミット作の 4 人の福音史家と 4 人の ラテン教父の彫刻が施されている三角隅壁(ド ーム下部の丸い窓の横の部分),凱旋アーチ (内陣と身廊を区切るアーチ)の上にはレオポ ルト 1 世のモットーが書かれている帝国の紋章 (6)が付いており,また後ろにはオーストリアで 最も美しいパイプオルガンのひとつがあります。

mPAY24 Icon American Express Icon JCB Icon Master Card Icon Visa Icon
Copyright © 2017